返済

キャッシングと借金の相違点

「借金」と聞くとなんだかあまり良いイメージがしませんね。
ですがそれが「キャッシング」と聞くとどうでしょうか。
少しイメージは上がりますね。
もちろんキャッシングはお金が必要になった際にすぐ用意できる有用な方法ですが、ポイントは「借金」となんら変わらないということです。
しかも利子が発生するため、トラブルに陥りやすいのです。

借金と変わらないということは、もちろん借りたお金ですから返す必要があります。
トラブルの原因の一つは、この「返す」ということができなくなってしまう場合です。
どうしても生活に困ってお金を借りすぎてしまった…だとか買い物をしすぎてしまい何社からもお金を借りて返せなくなった…というトラブルです。
さあ、こんな状況に陥らないために何ができるでしょうか。

まずは、自分の返済能力についてきちんと把握しておくことです。
自分はこの額を借りていつまでに返す計画でいるのか、毎月これだけの返済を行うことができるのだろうか…という点です。

冒頭で述べたようにキャッシングは「借金」です。
言い方を変えただけにすぎません。
便利だからこそその使い方には細心の注意を払い、使いすぎないよう自制しながら計画的な利用をする必要があることに、疑問の余地はありません。


このページの先頭へ