返済

キャッシングの利用限度額について

キャッシングを行う際は、「利用限度額」というものが設定されています。
簡単にいうと「あなたはこれだけのお金をここから借入することができますよ」ということです。
もちろんですがキャッシングで借り入れた(使った)分だけそれは減っていきます。
30万円の利用限度額があり、10万円借りたとするなら、単純に計算すれば残りの利用可能額は20万円です。
10万円の借入は毎月分割で返していくことになりますので、返していった分は利用可能額は広がります。

利用限度額は個人の利用状況によって変動することがあります。
継続して利用しており、返済等にも滞りがないなら、利用限度額は上がる可能性があります。
逆に、支払いが滞っていたり何回も遅れていたりするなら利用限度額は下がる可能性があります。
返済は遅れずに計画的に行うことが必要です。

さて、利用限度額が上がると、毎月の返済額が上がる可能性があります。
たとえば20万円の利用限度額が設定されて20万円を借り入れた場合、そして50万円の利用限度額が設定されて50万円を借り入れている場合、20万円借り入れているほうが毎月の返済額が少額になります。
利用限度額が広がった場合でも借りすぎには注意し、計画性をもってキャッシングを利用する必要があるでしょう。


このページの先頭へ